脱毛サロンの利用は妊娠前に

施術を受けられない方もいる

現代では、子どもから大人まで、さまざまな人が脱毛サロンでの施術を受けるようになっています。
ですから、サロンでの施術は誰でも受けられるものだと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし実際には、身体の状態によっては施術を断られてしまうケースもあります。

妊婦さんは受けられない場合が多い

施術を断られてしまうケースの代表例としては、妊婦さんが施術を希望した場合が挙げられます。
妊娠初期でお腹の膨らみが目立たない場合は、本人が申告しなければ普通に受けられる場合もありますが、お腹が膨らんできて一目で妊娠していることが分かるようになると、施術を断られることが多くなるのです。

妊婦が施術を断られる理由

施術を断られる理由としては、新たな生命をお腹の中に宿している妊婦さんの身体とまだ未熟な状態の赤ちゃんの身体が、とてもデリケートであることが挙げられます。
例えば、レーザー脱毛や電気針脱毛など痛みを生じやすい施術を受ける場合、妊娠中でなければ、施術を受ける女性が我慢できるのであれば何も問題は起きません。
しかし、妊娠している場合、痛みをこらえようとグッと身体に力を込めて身体をこわばらせると、子宮がギュッと収縮することになります。

施術を妊娠前に受けておくのが吉

妊娠中は肌もデリケートになるため、できればムダ毛の自己処理もしない方がいいと言われています。
とは言え、妊娠から出産を終えるまでには一般に十月十日という長い期間が必要になりますから、その間ずっとムダ毛が生え放題の状態でいるのはつらいでしょう。
そこでおすすめしたいのが、妊娠前に脱毛サロンで施術を受けておくことです。
赤ちゃんを授かりたいと思っている場合は、妊活を本格的に始める前にサロンで施術を受けておくのです。

妊娠前に施術を受けておけば快適なマタニティライフを送れる

妊娠前であれば、もちろん施術を断られてしまう心配はありません。
また、妊娠前に完璧にツルツルの状態にしようと思うと数年程度かかるでしょうが、毛を薄く目立たなくしたいという程度であればそこまで長い期間は必要ありません。
毛が薄くなるだけでも、ムダ毛処理をお休みすることへの抵抗感は大きく薄れるものです。

実際、妊娠前に脱毛サロンで施術を受けておけば良かったとか、受けておいて良かったとかいう声は多く聞かれます。
快適なマタニティライフを送るためにも、ぜひ妊娠前に脱毛サロンへ行きましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ