SSC方式とIPL方式の違いとは

自己処理するとチクチクの肌に

見た目も触れたときの感触もすべすべした状態の肌になりたいと思ったら、自己処理では無理なので脱毛サロンに任せるしかありません。
カミソリで剃ると、一時的には綺麗な肌になりますが、毛が伸びてくるとチクチクするので、不快な気持ちになってしまいます。
毛抜きで一本ずつ抜くのも面倒ですし、毛穴が広がると、一つの毛穴から二本生えてくることもあるので、余計に毛の量が増えてしまうので厄介です。
敏感肌の人はひどい肌荒れを起こして、かゆみに悩まされることもあるので、透明感のあるなめらかな肌に仕上げたいときは、脱毛の専門家に任せるようにしてください。

S.S.C脱毛とは

脱毛サロンでは光脱毛を行いますが、S.S.C脱毛を採用しているところに行くと、ムダ毛を抑制することが出来ます。
S.S.C脱毛は、スムース・スキン・コントロール脱毛の略で、毛根に直接ダメージを与えるのではなく、光を当てる前に塗るジェルに、光を反応させる脱毛法のことです。
ジェルの抑毛効果によりムダ毛を減らしていくので、毛根の組織を破壊するわけではありません。
毛が生えて来ないよう、成長を抑えつつ減毛を促すので、回数を重ねるたびに目立たなくなっていきます。

IPL脱毛とは

光脱毛の中でも、IPL方式を採用している脱毛サロンに行くと、皮膚科や美容外科などのクリニックで行われている医療レーザー脱毛に近い方法で、ムダ毛を処理することが出来ます。
IPLとはインテンスパルスライト脱毛の略で、毛の生えている箇所に光を照射すると、皮膚下にあるメラニン色素に反応し、毛根に強いダメージを与えられます。
医療レーザーに比べると、IPL脱毛用マシンの出力は低いため、完全には毛根を破壊できないかも知れませんが、施術後はなかなか生えて来なくなるので、自己処理の手間がいらなくなります。

S.S.C脱毛とIPL脱毛のどちらが良いか

S.S.C脱毛とIPL脱毛のどちらを選んだらよいかは迷うでしょうが、肌への負担を考えた場合、S.S.C脱毛の方が肌に優しいので痛みも少なくなります。
IPL脱毛は毛根に与えるダメージが強いので、人によっては多少の痛みを感じますが、耐えられないほどではありません。
どちらを選んでも、回数を重ねるごとに綺麗な肌に近づいていくので、まずは料金などを比較し、通いやすい方に行くようにしましょう。

光脱毛後はローションで保湿してもらえます

S.S.C脱毛とIPL脱毛のどちらを受けても、施術後の肌は乾燥し、敏感になっているので、肌荒れしやすい状態になります。
ゆえにどの脱毛サロンに行っても、仕上げには保湿のためにローションを塗ってくれるので、湿疹や吹き出物に悩まされることはありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ