光脱毛の原理

永久脱毛として広く利用されているのが、レーザー脱毛と、それから「光脱毛」です。
時々レーザー脱毛と光脱毛が混同されているようですが、この2つは似て非なるものです。

「光脱毛」とは、レーザー光線のような単一の波長を持つ光ではなく、太陽光のように様々な波長を含んだ光を利用した永久脱毛方法です。
この光をフィルターにかけ、黒い色に反応する波長だけを取り出します。
その光を肌に当てることで、毛根が持つメラニン色素が反応して光を吸収し、吸収された光は熱エネルギーを放って毛乳頭を焼き切って破壊します。
毛を成長させるための栄養素を橋渡しする毛乳頭が破壊されてなくなると、もうその毛穴の毛は再生できなくなります。
これが光脱毛による永久脱毛の原理です。

光脱毛は、医療行為に当たるレーザー脱毛を施術できないエステサロンで主に使用されている永久脱毛です。
レーザー脱毛と比べると出力が弱く、それだけ脱毛効果は弱いとされていますが、レーザー光線より波長が長いため、光脱毛の方が脱毛したい毛根部分に確実にエネルギーが届くという意見もあるようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ